メールマガジンvol.3の話題

第三回のメルマガ「知ってます??」のコーナーは確定申告です。サラリーマンには縁遠いと思っていませんか?意外にも必要になってくる場合があったりします。

「知ってます??」会社員の確定申告についてのまとめ目次

確定申告とは

確定申告とは
  • 私達には、納税の義務があり、税金にはいろいろな種類があります。 所得税、消費税、固定資産税などです。そのなかで「所得税」は、一年の1月1日から12月31日までに得た所得に対しての税を計算して、翌年の2月16日から3月15日までの間に国に申告し、納税しなければならないのですが、その手続きを「確定申告」といいます。
  • 「通常、サラリーマンでは会社が所得税を計算し、給与から天引きしていますので「確定申告」を個人ですることは、あまりないかも知れません。 しかし、個人のすべての収支を会社が認識出来ない可能性があります。その場合は、「確定申告」が必要になります。

「確定申告」をしなければならない場合!

確定申告をしなければならない場合
以下が会社員でも「確定申告」をしなければならないものです。
年収が2,000万円以上の人
サラリーマンでも、年間収入が2,000万円を超えるような羨ましい方は自分で「確定申告」をする必要があります。
副業で20万円を超える収入がある場合
本業以外から収入(執筆料や講演料、アルバイトなど)が20万円を超える場合、「確定申告」をする必要があります。
2か所から給与をもらっている人
2か所から給与をもらっている人は基本的に確定申告をする必要があります。
災害減免法により源泉徴収の猶予
災害などにより財産に相当の損失を受けたときは、確定申告することによって納税の猶予を受けることができます。

「確定申告」をした方がいい場合!

確定申告をした方がいい場合
確定申告する事で還付金が戻ってくる場合がありますので、該当するかもと思われる人は是非ご確認を!
1.医療費が年間10万円を超えた
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
2.住宅を購入増改築して住宅ローンを組んだ人
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213.htm
3.国や地方公共団体などに対して寄付をした人
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1150.htm
4.中途退職で年末調整を受けていない人
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1910.htm
このページの先頭へ戻る