知ってます??要約

メールマガジンvol.4の話題

第四回のメルマガ「知ってます??」のコーナーは「電力自由化」です。4月1日の実施に向け、新規参入各社が盛んに宣伝してますが、実際どんな感じになるのでしょうか?

「知ってます??」電力自由化についてのまとめ目次

電力自由化とは

電力自由化とは
  • これまで家庭や商店向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等10社)だけが販売しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。
  • 2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化されることにより、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになります。
  • つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになるのです。

「電力の小売全面自由化」で何が変わる?

「電力の小売全面自由化」で何が変わる?
「電力の小売全面自由化」により、様々な事業者が電気の小売市場に参入してくることで、新規参入の会社を含めた電力会社の選択が可能になります。
電気の小売事業への参入者が増えることで競争が活性化し、様々な料金メニュー・サービスが登場することが期待されます。
1.時間帯別料金など、ライフスタイルに 合わせた料金メニュー
時間帯別の電気料金など、各社から多様な料金メニューが提供され、自分のライフスタイルに合わせたプランを選ぶことができるようになります。
2.省エネ診断、セット割など、新しいサービス
事業者の創意工夫によって、電気とガスなどのセット割引や、ポイントサービス、家庭の省エネ診断サービスなど、多様な新しいサービスの登場が期待されます。
3.再エネ発電中心のサービス
太陽光、風力、水力、地熱などの再生可能エネルギーを中心に発電を行う会社から、電気を購入することも可能になります。
4.電気の地産地消
近くの自治体が運営する事業者から電気を買うなど、電気の地産地消も可能になります。また、お住まいのエリア外で発電された電気の購入も可能となります。

電力会社を替える為には

電力会社を替える為には
新会社からの電力販売は4月からですが既に事前受付などは、開始されているようです。
以下に電力会社を変える為の手続きをまとめてみました。
1.切り替え先の電力会社への申し込み
各社のサービス窓口、電話、ホームページ等から切り替えの申し込みをしてください。 現在契約している地域の電力会社への解約手続きは、切り替え先の電力会社が手続きを行うことが可能です。
2.スマートメーターへの交換 (スマートメーター未設置の方のみ)
スマートメーターが設置されていないご家庭は、スマートメーターへの交換が必要になります。 原則、費用はかかりません。
3.切り替え先の電力会社との契約開始
2016年4月以降、切り替え先の電力会社の電気をご利用いただけます。 スマートメーターへの交換が必要な場合は切替までの期間は2週間程度となります。
4.特に切り替える必要がない場合
切り替えの手続きを行わなければ、継続して今までお使いの電力会社が引き続いて電力提供を行います。
このページの先頭へ戻る