Skip to main content

電子契約導入までの流れ

あなたの会社に「電子契約」を導入するまでには、おおよそ以下のようなステップがあります。

 

1.法務部門へのご説明
まず、「電子契約」が法的に有効であることを貴社の法務部門へ説明するところから始まります。
法的に問題ないこと、訴訟等になった場合でも証拠として提出することが可能であること等を説明する必要があります。

※電子契約も一般化してきていますので、法務部門でも法的に問題ないことを事前に了解されているケースも増えてきております。

2.ワークフローの見直し
紙の契約書で行なっていた承認等のワークフローを見直していただく必要があります。

  • 電子契約サービスのワークフロー機能を利用するのか
  • いままで通り、紙で承認フローを運用し、承認済みとなった契約書を電子契約サービスに登録するか

3.対象契約書のご検討、文面のチェック
どの契約書を対象にするのかを検討いただきます。
対象とする契約書が決定したら、紙の契約書特有の文言、たとえば、「2通作成し、双方で1通ずつ保管する」というような文言があれば、見直していただく必要があります。

4.取引先へのご説明
取引先に対して、「電子契約とはどういったものなのか?」、「法的に問題はないのか?」、「だれの電子証明書を取得すればよいのか?」といった内容についてご説明いただく必要があります。

5.電子証明書のお申込み
貴社の中で『電子署名』をおこなう方を決めていただき、その方に電子証明書のお申込みをおこなっていただく必要があります。
電子証明書のお申込みいただく際には、本人確認の為、身分証明書をご提示いただく必要があります。

 

ご不明な点などありましたら、お問い合わせください。

また、こちらのページにあります、「電子契約導入事例」に詳細が記載されておりますので、ご覧ください。

 

電子契約サービス