【セミナーレポート】グローバルITエンジニア育成研修紹介

画像_セミナー風景

こんにちは。システムコサンルタントの内田です。

 

「グローバルITエンジニア育成研修紹介セミナー」を6月8日(金)に開催いたしました。そのセミナーの内容を一部紹介します。

 

内容

グローバルIT人材の必要性・研修事例紹介・研修環境について・研修ご体験談・実践的なグローバル研修とは、の内容でセミナーを行いました。

 

事例紹介では、グローバルIT人材育成研修の1社開催と複数社合同開催の紹介をいたしました。どちらも親会社が大手グローバル企業のシステム子会社様にご参加いただいた事例です。研修のカリキュラム紹介だけではなく、弊社サービスを選んでいただいた理由などお話しました。

1社開催・複数社合同開催、どちらの研修も模擬プロジェクトで開発体験を行っていただきます。複数社合同開催ではインド人の他に企業文化が違う研修生同士も同じチームになってプロジェクトに取り組んでいただき、グローバル環境での仕事の仕方を学びます。研修期間中はプロジェクト作業だけではなく、異文化理解としてインド文化に触れていいただく体験ワークショップや大学への訪問を行っております。

セミナーではその研修の様子を映像にて紹介させていただいております。実際のプロジェクトの様子や異文化理解とは何を行っているのかをご覧いただきます。映像にはインド人技術者と仕事ではない交流のシーンもあり、実際に話を聞くだけではわからない情報を得ることができると思います。

 

 

研修ご体験談

研修ご体験談では、昨年10月実施の合同研修に参加いただいたお客様を招いてお話いただきました。

登壇いただきましたお客様は海外での生活経験はあるものの研修前のTOEICスコアは500点ほどとのことでした。研修中はプロジェクトマーネージャ(PM)としての役割を担っていただきました。なので、英語やコミュニケーションの他にもシステム開発の場面でも不安を抱えて参加されたようです。システム開発の場面では他の企業の方との開発のやり方の違いを感じ丁寧なコミュニケーションを意識されたようです。英語の面では、インド人メンバーと「話す」ことを意識されていたようですが、インド人とのコミュニケーションを取っていく中で「話す」だけでは伝わらないことを感じ、「伝える」ことに注力するようになったそうです。英語力だけではプロジェクトの成功には至らないのだと私も聞きながら改めて感じました。お客様は研修参加後、海外へ行き現地事業会社へのシステム導入支援を行うなど、海外と関わる仕事に従事しているそうです。

 

今回、初めての試みでした研修のご体験談はご参加いただいたお客様より「経験談が最も興味深く話を伺えた」「実体験が聞けて良かった」などの声をいただき好評だったようです。

次回のセミナーでも同様に実体験をお話いただく場面を設ける予定です。

 

次回開催

次回の開催は8月24日(金)を予定しております。参加受付開始しましたら、お知らせいたしますのでご参加お待ちしております。

 

 

グローバルIT人材育成研修サービスについてはこちら