ITリテラシーについて考えてみる

はじめに

2004年にスウェーデンのウメオ大学教授エリック・ストルターマンが提唱した
DX(デジタルトランスフォーメーション)。

日本では2018年に経済産業省が「DX推進ガイドライン」を取りまとめ発表し、2019年にはDXを推進する法案が可決と、より一層様々な企業に対してデジタル的な変革が求められています。

また、レガシーシステムの保守・運用に伴う膨大なコストやIT人材不足等の問題が懸念される「2025年の崖」に向けた対策としてもDXの需要は高まってきました。

DXの実行において「データとデジタル技術の活用」が前提となっておりそのためには全社員が高いITリテラシーを持つことが必要となってきます。

最近ではコロナウイルスの影響で在宅勤務を実施する企業が増え、仕事の電子化はこれまで以上に進んでいくのではないでしょうか。
あらゆる業界、生活環境においてITが浸透していく中でITの活用はすべての人にとって必要不可欠になっていきます。
そしてITを適切に活用していくにはITリテラシーが重要となります。

そこで今回はITリテラシーについて今一度考えてみようと思います。

目次

  • ITリテラシーとは?
  • ITリテラシー向上のメリット
  • ITリテラシーを高める方法
  • まとめ

ITリテラシーとは?

そもそもITリテラシーとは何なのか?

言い方は様々あるかと思いますが、ITリテラシーとは簡単に言うと、
通信・ネットワーク・セキュリティなど、IT関連サービスや機器、
 テクノロジーについて理解しそれらを操作する能力
のことです。

元々は1970~80年代のアメリカで、図書館を利用して課題解決に必要な文献を見つけ出し活用する能力として提唱された「図書館リテラシー」(library literacy)から発展したものとされています。
1990年代以降、個人のコンピュータ利用やインターネットや携帯電話などによるデジタル化された情報の流通・受発信が一般化し、こうしたデジタル機器やネットワークを通じて情報を取得・活用するという意味で利用されるようになりました。

ITリテラシーは大きくわけて下記3つから構成されています。


1:情報基礎リテラシー(情報の収集、精査、活用)

その名の通りインターネット上から正しく有益な情報を見つけ出す能力です。
今やWebサイトやSNS等には追いきれないほど無数の情報が溢れています。
中にはフェイクニュースと呼ばれる嘘の情報もたくさん紛れています。
緊急事態宣言の前、トイレットペーパー品薄のデマが流れ買い占めが起こり
もれなく私の近所のスーパー、コンビニ、薬局からも姿を消していました、、、
デマと思っていても不安になってしまいますよね、

膨大な情報の中にあるこういったフェイクニュースに騙されることなく、
自分や自社にとって必要で有益な情報を見つけ出すのが情報リテラシーです。
何か調べる際、どのようなキーワードを組み合わせれば適切な情報にたどり着けるのか、その中で信用できる情報を見極める力も情報リテラシーと言えます。


2:コンピュータリテラシー(PC活用能力)

コンピュータリテラシーとはコンピュータなどの各種IT機器を操作する技術、
あるいは知識を意味しています。

業務でパソコンを全く利用しない会社は少ないのかと思います。
最低限のコンピュータリテラシーは業務により異なりますが
キーボードやマウスの操作に関する理解は、ほとんどの企業でも求められていることでしょう。
Word・Excel・PowerPointといったOfficeツールを使用する能力に関しても、
多くの現場が水準として設定しているのではないでしょうか。
さらに専門的な現場では、特定のプログラミング言語を読み書きする能力を
最低水準として設定している場合もあります。

また、Officeツール以外にも各業務で必要になる専用のツール(会計システム、ERP、CRM、BI、etc…)を使用するための知識もここに含まれます。


3:ネットワークリテラシー

ネットワークリテラシーとは、ネットワークやセキュリティに関する技術的な知識を理解する能力のことです。

近年では「インターネットの正しい使い方」や「インターネットを利用する上でのモラル」の意味でも用いられているそうです。

SNSが普及している今、SNS等での発言が取り返しのつかない事態に発展する可能性もあるので全てのユーザーが理解しておく必要があります。

ITリテラシーの向上によるメリット

それでは、ITリテラシーの向上は何につながるのか。

ITリテラシーの向上には、ITを活用することによる生産性や効率性の向上と安全で適切なIT運用が可能になるといったメリットがあります。

具体的にはコンピュータや業務システム等を使いこなすスキルが高いほど業務の生産性は向上しますし、パソコンやスマホ、インターネット、データベースに関するリテラシーが高ければ必要な情報を素早く、且つ誤った情報に惑わされることなく正確性の高い情報を選択していけます。

安全性については、
個人情報の取り扱い方、SNSやチャットツールの活用方法等ネットコミュニケーションのマナーやルール等コンプライアンス知識がしっかりと身についていればITがらみの不祥事の防止につながります。

ITリテラシーを高める方法

ITリテラシーを高めるためにはもちろん日々の業務の中で指導していくことも大切ですが社員全員がITリテラシー教育を受ける機会を設けることが有効です。

新人研修の中にITリテラシーに関するプログラムを用意している企業もあるかと思います。
業種的に直接かかわる部分が少なかったとしても、ITリテラシーが求められる状況は常に変化していきます。
一度で終わらせてしまわず部門や役職ごとで定期的に研修機会を設けることが
更なる向上につながるのではないでしょうか。

具体的な方法として、書籍やWebサイトから情報を取得し学習することもできますが現在はWebセミナーや、eラーニング等でITリテラシーに関して学習することが出来ます。
各社各様、ユーザー部門向けや管理者向け、IT部門向け等ご自身の会社に合うカリキュラムを選ぶことが出来ます。

また、IT関連の資格の取得は知識やスキルを体系的に習得できます。

各種検定(引用)

ITパスポート
「ITパスポート」の名称だけ見ると専門的な資格のイメージもあるかと思いますがこちらIT技術者だけを対象とした資格ではなく、ビジネス、IT、情報セキュリティ、コンプライアンスといった幅広い知識が身につくすべての社会人を対象とした資格となっています。


引用元: ITリテラシーを高めるおすすめ試験 https://tech-camp.in/note/technology/16180/

情報セキュリティマネジメント試験
こちらは情報セキュリティを守るためのIT技術による対策や、情報管理や業務フローの見直し、従業員の意識向上といった管理面の対策といったセキュリティマネジメントに関する実践的な技術・知識を学ぶことが出来ます。


引用元: ITリテラシーを高めるおすすめ試験 https://tech-camp.in/note/technology/16180/

弊社BIツール(Excellent/WebQuery)もそうですが各社パッケージ製品を扱っている会社様それぞれで製品の利用方法についてセミナーや使用動画等を公開しているかと思います。
そちらも有効に利用することにより、製品の基本的な使い方や活用方法を取得できコンピュータリテラシーの向上へ繋がります。

まとめ

ITリテラシーを高めるためどんなに注意喚起しても全員同じレベルまで持っていくのには大変で、やはり習得率にも個人差が生まれてしまいます。
しかし、そういったITリテラシーについて会社の現状を把握しておくことがITリテラシー向上への第一歩となります。現状を把握したうえで弱点を突かれた際に守れるツールの選定や、教育制度の見直しなど、各企業が改善できる点に対してアクションを起こしていけるのではないでしょうか。

90年代ごろから「ITリテラシー」という言葉自体は総務省発行の情報通信白書にも載っていたりと既にご存知の方も多いと思います。

言われ始めた当初とは異なり、今は高めるための様々な方法があります。
もちろん、個人として各々意識していくことも大切ですが
企業としてのITリテラシーの考え方を今一度見直すきっかけになりましたら幸いです。

弊社ではBIツールを扱っています

ITリテラシーの向上で生産性、効率性が上がるように会社にあるデータを活用して業務の効率化を実現してみませんか?

製品ロゴ