【オンラインセミナー】 「いま問われる、電子データの品質 ~データ非改ざん証明サービス紹介セミナー~」開催のご案内

ここ最近、テレワークが急増し、紙書類の電子化が急務となっているかと思います。

電子化するのはよいのですが、電子化したファイルやデータは紙に比べると容易に変更が可能なため、改ざんへの対策が必要となります。

社内で管理しているファイルやデータであれば、そこまでシビアになる必要はないかもしれませんが、取引先に提出するファイルやデータの場合、それらに対する改ざん検知の証跡を付与すべきでしょう。

そこで、今回は、弊社が提供しております、「データ非改ざん証明サービス」を活用した電子データの品質対策についてご紹介します。

事例としては、取引先に提出する「検査データ」や「製造過程のデータ」等に対して、電子証跡を付与し、改ざんされていないことを証明するという方法を紹介しておりますので、メーカーのご担当者様はぜひご参加ください。

こんな方にオススメ

  • 取引先に提出するデータの真正性を証明する方法を検討している方
  • データ改ざんの対策を検討している方
  • 自社製品が高品質であることをPRしたい方

セミナー内容

  1. 電子化する理由、電子化のデメリット
  2. 電子証跡(電子署名、タイムスタンプ)について
  3. データ非改ざん証明サービスのご紹介

セミナー詳細

【開催日】8月11日(水)

【時間】15:00 ~ 15:30

【参加費】無料

【主催】株式会社システムコンサルタント

【お申込み方法】
  以下のリンクをクリックして申込フォームを開き、必要事項をご入力の上、
  お申し込みください。
    
     8月11日(水)

【その他】
  本セミナーは「Zoom」を使用しておこないます。
  事前に接続テストをおこないたい方は、申込フォームの
  「お問い合わせ内容」欄にその旨ご記入ください。